お子さんの虫歯治療

歯医者に連れてくる前のお願いごと

当医院は、子供たちを押さえつけてまでは治療をしたくないと考えております。
それが、トラウマになって歯医者に行けなくなることは、その子の一生にとってマイナスになるからです。
(ただし、緊急を要する場合は別ですが・・・でも治療をする事には強く抵抗を感じております。)

ですので、お越しいただいてもすぐには治療をしないことがあります。
まずは、ひまわり矯正・小児歯科に慣れていただきたいのです。説明や治療に使う道具に触ってもらって怖くないんだよと伝えていくこともします。
大人でも初めて行く歯医者は緊張するものです。 それを分かってあげてもらえたら嬉しいです。

「歯医者に行く」とちゃんと伝えてきてください。

もし、自分の彼氏や彼女が「デート行くよ」って言われて来たら歯医者だった!なんていやですよね・・・。
信頼しているお母さん、お父さんに裏切られたお子さんがかわいそうですよね。

怖い言葉はできるだけ避けてあげてください。

「歯をちゃんと磨かないと歯医者さんに行って削られるよ」
「歯医者さんで痛い事されるよ」
という言葉をかけないようにして下さい。
先入観だけで子供たちは怖がってしまいます。子供たちは決しておとなのちっちゃい版ではありません。

お願いばかりで申し訳ありません。
わたし達も目の前のお子さんの一生に関与する歯医者としてがんばっていきます!

怖がらせない虫歯治療

当院では、緊急の処置が必要な場合を除いて、初めてご来院されたお子さんの歯を、いきなり治療することはほとんどありません。大人でも初めて行く歯医者さんや病院は怖いもの。お子さんなら尚更怖がってしまうものです。まずは歯磨きやフッ素塗布で医院に慣れていただき、治療に使う道具の説明もしながら不安を取り除いていきます。
また、治療をする際も「3秒だけ頑張ろうね!」と短い時間で区切ることで、多くのお子さんが頑張って治療を受けられるようになります。わたし達も1つ1つの治療が3秒で終わるように日々努力しています。

お子さんが泣いて連れて来られないという方へ

お子さんが大泣きして、歯医者さんに連れて来ることをためらってしまう方、泣いている子供を連れて行くと他の方に迷惑になるのではないかと心配されている方もいらっしゃるようです。しかしご安心ください。当院には女性スタッフもおり、丁寧に歯磨き指導などをしながらまずは少しずつ慣れていってもらうようにしていますので、始めは泣いていたお子さんも、きちんと治療を受けられるようになっていきます。
むし歯を放置しておくと、やがて大きな治療が必要になり、お子さんにもご家族の方にも、より大きな負担になってしまいますので泣いている場合でもどうぞ心配せずにお気軽にご来院ください。

麻酔についての考え方

歯の治療をする時は、どうしても麻酔が必要なことがあります。当院では、表面麻酔で歯茎をまず痺れさせる、電動麻酔器で少しずつ液を送り込むなど、できるだけ麻酔を打つ痛みを減らすようにしています。また、むやみに麻酔を使用するのではなく、大きな痛みを伴わない場合は、麻酔なしで治療を進めるようにしています。

ケガで歯を抜けてしまった・欠けてしまった場合

口元をぶつけて歯が抜けてしまうことや欠けてしまうことがあります。速やかに適切な対応をすることで、元に戻せる可能性が高くなりますので、以下の対応をご確認いただければと思います。

歯が抜けた場合

水で洗うことはせず、牛乳に漬けてお持ちください。牛乳がない場合は、お口の中に入れてきていただいても構いません。(飲み込まないように注意しましょう)

歯が欠けた場合

歯が欠けてしまった場合は、その破片を見つけてお持ちください。この場合は牛乳に漬ける必要はありません。

歯がグラグラになった場合

そのままご来院ください。しっかりと固定する処置を行います。そのままにしておくと抜けてしまうことがありますので、きちんと治療を受けるようにしましょう。

TEL:058-382-9955 診療時間 9:30~12:00 / 14:00~19:00 休診日:月・木