ご家族の役割

虫歯を作らないために、ご家族の方ができること

お子さんが虫歯にならないようにするためには、ご家族の方が歯に対する意識を高め、食生活なども見直すことが重要です。私たち歯科医院ができるのは、あくまでお手伝い。毎日接するご家族の方が、正しい知識を身につけ、それをお子さんにも伝えてあげるようにしてください。

食生活の見直し

近年は、「ペットボトル症候群」という言葉があるように、身近にジュースがあり、それが身体の健康に悪影響を及ぼすことが問題になっています。小さい頃から甘いものばかりを飲んでいると、歯の質が弱くなり、虫歯になりやすくなる傾向にあります。まずは家の中にそういったものを置かないようにするところから始めていただければと思います。また、クッキーやキャラメルのような歯に付きやすいもの、アメのように歯が割れる可能性があるものも避けるようにしましょう。味覚は3歳くらいまでに発達するため、幼少期に甘いものばかり食べたり飲んだりしていると、大人になってもそういった食生活が続いていき、虫歯を何度も繰り返してしまうことになります。早いうちに改善して、お子さんの歯を守ってあげるようにしましょう。

親の責任、孫の代まで・・・

歯磨きや食事の習慣は、お子さんの歯の健康に大きな影響を与えますが、間違ったことを続けていると、そのお子さんが大きくなって子供を作った時に、その間違ったことをさらに自分の子供にもしてしまうことになります。歯磨きの仕方が雑でフロスを使わないと、子供も、そのさらに子供も同じような歯のお手入れしかしなくなります。やはり虫歯が多い方の子供は虫歯が多い傾向にあり、どこかでこの連鎖を断ち切らなければ、ずっと同じことが続いていくことになります。子供や孫の歯の健康は、今自分がどう改善していくかにかかっている。そんな意識を持っていただければと思います。ジュースを減らす、フロスも使う…こうしたほんの少しの違いが、大きな差に繋がっていきます。

当院では歯磨き教室も行っております

・お子さんの歯に虫歯を作ってしまった・・・
・お子さんの仕上げ磨きが上手に出来ない!
・仕上げ磨きするとお子さんが痛がる!
保護者さんとお子さんを対象にしていますが、保護者の方お一人のご参加でも大歓迎です。
もちろんおじいちゃん・おばあちゃんもどうぞ!

【主な内容】

  • 虫歯や歯槽膿漏で困らず自分の歯で一生かめるようにします
  • 出来るだけ歯を削りません
  • 虫歯を削るのではなく虫歯を作らないようにします
  • 痛い思いをしないようにします
  • 楽しく歯医者に通えるようにします

お子さんの歯を一生むし歯にしないために、ぜひご参加ください。

TEL:058-382-9955 診療時間 9:30~12:00 / 14:00~19:00 休診日:月・木